Now Loading

愛媛・南予の観光情報発信サイト:えひめいやしの南予

OPEN

ABOUT NANYO南予について

いやしの山幸、海幸。

複雑な入り江を抱く宇和海、南予アルプスと呼ばれる鬼ケ城山系、清流四万十川の源流となる清流と渓谷、そして訪れた人をあたたかくもてなすお遍路文化。日本の宝とも言える魅力が南予にはあふれています。平成24年春から秋、宇和島圏域全域を会場に、「うみ」「かわ」「もり」「ひと」の魅力に出会い、癒され、心身ともに元気になれるイベント「えひめ南予いやし博2012」を、地元で暮らす人々と一緒に開催いたしました。

開催にあたってはじめに

「いやし博」の舞台となる宇和島圏域は、複雑な入江を抱き、色鮮やかな珊瑚や熱帯魚、美しい真珠などの恵みを育む宇和海や、清流四万十川の源流として、渓谷や緩急の流れが自然のまま残る広見川、南予アルプスと呼ばれる鬼ヶ城山系の四季の彩りと澄んだ空気に包まれた森林、伊達十万石の城下町として築きあげられてきた多様な歴史・文化など、魅力ある観光資源にあふれており、そこにはこれらの貴重な財産を脈々と受け継ぎながら、生き生きと心豊かに暮らしてきた人々の営みがあります。地域の皆様とともに、宇和島圏域ならではの観光資源に更に磨きをかけ、観光客の皆様にその魅力を思う存分、堪能していただきたいと思っています。

開催の意義

高速道路の宇和島延伸を契機として、地域の魅力を再構築し広くアピールするとともに、住民主体の観光まちづくりの取組みを持続的に進めることにより、宇和島圏域はもとより南予全域の観光振興と地域の活性化を図る。

目的及び達成指標

(1)目的・・・宇和島圏域及び南予地域の観光振興
・宇和島圏域を中心とした観光客の増加
・魅力的な観光プログラムの創出と滞在型観光のための基盤整備

(2)達成目標・・・宇和島圏域内への観光客数:年間320万人、対21年比50万人増

開催概要開催概要

正式名称 えひめ南予いやし博2012
テーマ うみ・かわ・もり・ひと、楽園めぐり
開催場所 宇和島圏域(宇和島市、松野町、鬼北町、愛南町)
開催期間 2012年4月22日(日)~2012年11月4日(日)
開催方式 地域資源を活用したイベントを連続的に開催する広域連携観光プロモーション
主催 愛媛県宇和島圏域観光振興イベント実行委員会

イベント展開イベント

イベント展開に当たっては、地元市町や住民グループと一体となって推進した結果、県実行委員会が実施したセレモニーイベントやコアイベントが60プログラム、市町等が実施した地域企画イベントが83プログラム、住民グループが実施した自主企画イベントが34プログラムと、全体で177のイベントを実施し、これらのイベントへの参加者は、延べ77万人を超えた。

(1)セレモニーイベント
イベント名 実施時期 実施場所 内容 参加者数(人)
オープニングイベント「開幕!えひめ南予いやし博 いよ伊予なんよ!きてみ祭」 4月22日(日) 宇和島市
きさいやロード
きさいや広場
出陣式
開幕式典
・ステージ(地元伝統芸能)
・トワ・エ・モワ コンサート
・フォークジャンボリー
・花火ショー
5,849
クロージングイベント「観光まちづくりシンポジウム」 11月4日(日) 愛南町御荘文化センター ・住民Gプレゼンテーション
・パネルディスカッション
・レセプション 等
※12/8新聞広告により内容を県全域に波及
400
(参考)プレイベント「宇和島北-西予宇和」開通記念イベント 3月4日(土) 四国横断自動車道「宇和島北-西予宇和」
道の駅「みま」
・サイクリングイベント(20km、30kmコース)
・ウォーキングイベント(2.8kmの往復)
・ゆるきゃら撮影会
・物産市 等
8,500
(参考)プレイベント宇和島・小江戸フェスティバル 3月24日(土)

3月25日(日)
南予文化会館
天赦園 等
・市川亀治郎による歌舞伎舞踊とトークショー
・お練り(宇和島商店街)
・天赦園歌舞伎舞踊公演 等
7,950
(2)コアイベント・記念イベント
イベント名 実施時期 実施場所 内容 参加者数(人)
宇和島コアイベント「伊達なまち歩き」 4月29日(日)

10月28日(日)
宇和島市
天赦公園
きさいやロード道の駅「みま」 等
・伊達ワールド(天赦公園)
・まち歩きスタンプラリー
・宇和島きさいやウォーク
・伊達博物館特別展(春・秋)
・伊達博物館基調講演
・なつかしのキャラクター おもちゃ博(鑑定大会含む)
・アニソン大会
・棟方志功展
・天赦園(伊達修行)、宇和島城
・いやし寄席 on JR予土線 等
141,566
鬼北・松野コアイベント「森の四万十自然学校」 4月29日(日)

11月3日(土)
鬼北町・松野町
成川渓谷
滑床渓谷
虹の森公園 等
・開校式(前夜祭含む)
・ウォーキングイベント
・ラジオシンポジウム
・渓谷釣り大会
・クイズショウ ザ・INAZO
・大人の修学旅行
・こども冒険学校
・ぽっぽ音楽祭
・卒業式 等
※ラジオ番組とタイアップ
6,757
愛南コアイベント「まるごと海のミュージアム」 4月29日(日)

10月28日(日)
愛南町
道の駅みしょうMIC
鹿島
須ノ川公園 等
・あいなんGo-MIX
・うみんほっ開き
・まるゴチ!海のグルメツアー
・シーウォーカー
・海のレジャー体験 等
28,904
記念イベント「愛南町いやしの郷トライアスロン大会」 6月9日(土) 愛南町 ・トライアスロン大会(スイム1.5km、バイク40km、ラン10km) 2,212
(競技者196人)
記念イベント 第15回全国闘牛サミットin宇和島「全国闘牛大会」 7月24日(火) 宇和島市営闘牛場 ・全国闘牛大会(県外6頭を含む22頭による対戦) 1,570
記念イベント「森と水と四万十源流コンサート」 9月1日(土) 鬼北総合公園体育館 出演者
・加藤登紀子
・ライオノート(愛媛県出身)
・千桃生そら(愛媛県出身)
1,200
記念イベント 南予食の祭典「全国丼サミットうわじま2012」 10月27日(土)

10月28日(日)
宇和島市きさいやロード 全国丼サミット
・12県20団体がご当地丼出店
南予食の祭典
・南予の22団体が出店
産直市
47,000

(3)自主企画イベント
自主企画イベントについては、34のプログラムを認定した。
期間中約5万人が参加した。

(4)地域企画イベント
地元市町等が観光振興を目的に企画、実施する地域企画イベントについては、「宇和島牛鬼まつり」や「愛南びやびや祭り」、「でちこんか」などの既存イベントに加え、「森の国戦国武者伝走大会」など新規イベントや事業を実施し、期間中46万人余りが参加した。

開催効果開催効果

(1)イベントへの参加者数

開催期間中に実施した177イベントへの参加者総数:774千人

(2)宇和島圏域の主要12観光施設への入り込み客数

開催期間中(24年4月~11月)の入り込み客数は2,075千人
入り込み客数の対前年同期(1,760千人)の増加率:17.9%増加
(伊達博物館169.4%増加、道の駅「みま」109.9%増加など)
※達成目標である平成24年の宇和島圏域の観光客数320万人(対21年50万人増)については、321万3,000人で達成。

(3)持続可能な仕組みづくり

観光まちづくりを担う自主企画グループの形成:34グループ

(4)住民の参加

1,496人がボランティア登録を行い、延べ2,207人が観光案内やイベントのサポート、公式記録員、ステージ出演などを中心に活躍。

にゃんよコンテンツ

  • おでかけにゃんよ
  • にゃんよ体験記
  • にゃんよ壁紙