Now Loading

中予

中予の祭りと芸能

「中予」の祭りの特徴は、神輿同士の鉢合わせにあり、屋台(だんじり、太鼓台)が登場することは稀です。この地域は独特の神輿文化を発達させており、神輿を荒々しくぶつけ合う「鉢合わせ」が有名です。

例えば、松山秋祭りでは、神輿の激しい闘争そのものを「見せる祭り」の最大の要素としており、道前平野のように屋台の装飾や大きさを地区間で競うことにより祭りの規模を大きくするということはありませんでした。それゆえに神輿の鉢合わせ等をすることで地区と地区の競い合いとしているのです。ある面、神輿が屋台化していると見ることもできます。

江戸時代の松山の祭礼図を見ると神輿の宮出しに伴って様々な練物がお供していますが、これらも明治時代以降に衰退して、次第に神輿中心になっていったようです。

なお、旧北条市(現松山市)の秋祭りでは、構造はシンプルでありますが、笹花を高く立てた「だんじり」が50台近く登場し、しかも神輿を神社の石段の上から投げ落として、御神体が飛び出るまでに壊すなどの神輿文化も発達しています。旧北条市は、中予では最も東予に近い地域であり、祭礼から見ると東予と中予の中間地域と考えることができます。
「上浮穴」(現久万高原町)では獅子舞や神輿が出るのが主で、屋台祭礼に関しては発達した要素は少ない状況です。県内の山間部では概して規模の大きい祭礼は見られませんが、これは、都市とは異なり、見る者(観客)が少なく「見せる」、「見られる」意識が低調であったことが要因だといえます。その代わりに、久万高原町では祭礼日において、地芝居を演じるところが見られます。


東予

東予の祭りと芸能

「東予」は「宇摩地域」と「東予地域」に分かれ、「宇摩地域」の中でも旧川之江市、旧伊予三島市(現四国中央市)の平野部を中心とする「宇摩平野」と、旧新宮村、旧伊予三島市山間部(現四国中央市)、旧別子山村(現新居浜市)の「銅山川流域」の二地域に区分されます。

「宇摩地域」の祭礼は、太鼓台が中心ではありますが、新居浜型の太鼓台とは異なり、高欄の前後に掛け布団(別名もたれ布団)を付けるという特徴を持っています。これは香川県西部の「ちょうさ」と共通しており、県境を挟んで香川県との交流が盛んだったことを物語っています。南に隣接する「銅山川流域」には、旧新宮村に屋台(上山嵯峨野の素鵞神社)があり、銅山川(吉野川上流)下流の徳島県との関係も考えられます。

次に「東予地域」は、新居浜市、西条市(旧小松町、丹原町、旧東予市含む)の「道前平野」と、「高縄半島」(今治市)、「芸予諸島」(今治市島しょ部、上島町)に分けられます。
「道前平野」は、愛媛県内でも最も祭礼の屋台(だんじり、太鼓台)が発達した地域といえます。西条祭りでは、二層、三層にわたり精緻な彫刻を施し、高欄を巡らしただんじりが総勢100台近く登場し、新居浜太鼓祭りにおいても、高さ5メートル、幅3.5メートル、担ぎ棒10メートル、総重量2トンもあり、金糸の立体刺繍の幕で装飾された巨大な太鼓台が数十台もかき比べを行うのであり、その壮観さは見る者を圧倒せずにはいられません。その近隣の旧小松町や旧東予市においても旧西条市と同じ型のだんじりが数多く登場するなど、この地域は装飾が著しく発達した屋台が祭礼の主役であることが特徴です。

次に「高縄半島」、「芸予諸島」ではだんじり、やぐらと呼ばれる屋台が各地にあります。これらは名称は「だんじり」であっても西条型だんじりとは異なり、布団屋根を頂く太鼓台と基本構造は類似しています。また、この地域で発達したものとしては、継獅子と呼ばれる伊勢太神楽系の獅子舞があり、これが祭りの最大の見ものです。今治市を中心に分布していますが、三継ぎ、四継ぎと曲芸的であり、これを以って見せる祭りとなっています。


南予

南予の祭りと芸能

「南予」は、現大洲市、現内子町(旧上浮穴郡小田町含む)の「大洲・喜多」と、もともとの東西南北宇和郡、つまり現八幡浜市、現伊方町、現西予市、現宇和島市、現鬼北町、現松野町、現愛南町の「宇和」に区分することができます。

「大洲・喜多」と「宇和」は牛鬼、四ツ太鼓、御車(人形屋台)、鹿踊、唐獅子、相撲練りなど各種の芸能、練物として登場するのが特徴です。牛鬼は全国的にもこの地域と、それに隣接する高知県西部地方にしか見られない稀有な練物です。また、四つ太鼓は、神輿渡御の一員であり、新居浜型太鼓台のような金糸で豪華に刺繍された飾り幕は見られないものの、構造的に新居浜型太鼓台に共通しています。新居浜などと比べると祭礼の中で中心的位置を占めているわけではありませんが、牛鬼と鉢合わせするなど、祭りに欠かせない要素の一つです。南予の人々にとっては、祭りの花形は牛鬼や鹿踊であると一般的に認識されていますが、四ツ太鼓の担ぎ方の勇壮さや、御車(人形屋台)の人形、彫刻、刺繍幕の豪華さも南予の特徴といえます。

また南予では、祭礼において地区ごとに異なった練物を出しており、東予地方の西条や新居浜のような地区間の装飾の競い合いの様相は見られませんでした。このために、四ツ太鼓などは装飾が他地域に比べて発達せず、牛鬼や鹿踊も同様に、江戸時代後期から基本的には変化することなく、現在にいたっているのも南予の祭りの特徴です。