Now Loading

えひめの祭りと芸能について

神楽

伊予神楽

いよかぐら

  • 伊予神楽
  • 伊予神楽
  • 伊予神楽
  • 伊予神楽

伊予神楽は採物神楽の一種で、古風を伝承し、愛媛県内を代表する神楽です。宇和島市周辺の神社の春祭り等に神職が舞うもので「男神子(おかんこ)神楽」とも呼ばれます。宇和島市伊吹八幡神社に元文3(1738)年の神楽台本が残され、これに35演目の神楽解説があり、現在の神楽と同じであることから、江戸時代初期には現状の神楽が執行されていたと考えられます。神楽の演目は「天地開」、「御神酒祭」、「式三番」、「清目」、「大蛇」などを経て、「神送」まで35番があります。舞台は神社の拝殿や神楽殿で、大太鼓、締太鼓、銅拍子、笛が囃子に使用されています。愛媛県内では唯一の国重要無形民俗文化財であり、愛媛を代表する民俗芸能です。


伝統芸能の指定の区別
国指定重要無形民俗文化財
実施日
不定期
開催場所
  • 宇和島市
  • 宇和島市内など
実施団体
伊予神楽かんなぎ会
お問い合わせ先
  • 伊予神楽かんなぎ会事務局
  • TEL:0895-22-3444
ホームページ
http://www.iyokagura.sakura.ne.jp/
補足事項
参考文献
大野直続『伊予神楽抄』大本神社、1992年