Now Loading

えひめの祭りと芸能について

鹿踊り

窪野の八つ鹿踊り

くぼののやつしかおどり

  • 窪野の八つ鹿踊り
  • 窪野の八つ鹿踊り
  • 窪野の八つ鹿踊り

例年4月第3日曜日の西予市城川町三滝神社の大祭の日に社前に奉納されてきたものです。踊りは道行~庭入り~長唄~音頭の舞~むすびと流れる、一匹の雌鹿をめぐっての雄鹿の争いが繰り広げられる小一時間の舞となります。
この踊りの起こりは、伊達秀宗の宇和島入部がきっかけとなり、この地域に伝わったと言うのが通説ですが、窪野地区ではそれより早い時期とする説もあります。後にこの地の庄屋の矢野惣左衛門が、友と連れだって仙台までおもむき、本場の踊りの師匠を連れ帰り、鹿笛、鹿唄、長唄、音頭唄、振りつけなど約半年かけて手ほどきを受け、現在の形になったと言い伝えられています。


伝統芸能の指定の区別
国選択無形民俗文化財
実施日
4月第3日曜日
開催場所
  • 西予市城川町窪野
  • 三滝神社
実施団体
八つ鹿踊り保存会
お問い合わせ先
  • 西予市観光協会城川支部
  • TEL:0894-82-1111
補足事項
出典元
【文化遺産オンライン】
http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/170575