Now Loading

えひめの祭りと芸能について

練り(祭礼行列) 牛鬼

野村の秋祭り

のむらのあきまつり

  • 野村の秋祭り
  • 野村の秋祭り

西予市野村町野村の三嶋神社の秋祭り。牛鬼、四つ太鼓などのほかに江戸時代から続く「お多福」、「助夫」の面を被る練り物が出ます。このお多福には特に芸態があるわけではありませんが、家々を回っては、福をもたらすといいます。
愛媛でもお多福が神社祭礼の練りの一つに出るというところは類例がありません。もともと使われていた張り子製の面は、江戸時代末期に宇和島城下の職人森田屋礒右衛門の製作であり、江戸時代から行われている野村の祭りの伝統であり、他地域と異なる特徴と言えます。


伝統芸能の指定の区別
未指定
実施日
10月
開催場所
  • 西予市野村町
  • 三島神社ほか
実施団体
野村地区
お問い合わせ先
  • 西予市野村支所
  • TEL:0894-72-1111
補足事項
参考文献
愛媛県歴史文化博物館編・発行『愛媛の祭りと芸能』(平成28年)