Now Loading

えひめの祭りと芸能について

練り(祭礼行列) 牛鬼

和霊大祭・うわじま牛鬼まつり

われいたいさい・うわじまうしおにまつり

  • 和霊大祭・うわじま牛鬼まつり
  • 和霊大祭・うわじま牛鬼まつり
  • 和霊大祭・うわじま牛鬼まつり
  • 和霊大祭・うわじま牛鬼まつり

和霊大祭は宇和島藩の家老山家清兵衛を祭神とする和霊神社の夏祭りです。宇和島藩初代藩主の伊達秀宗が山頼和霊社を建立し、承応2(1653)年6月24日に盛大な祭典を営み、これにちなんで月遅れの毎年7月24日が祭日となりました。神輿の「海上渡御」や勇壮な「走り込み」で知られ、昔から南予各地から参詣者が多く訪れます。この和霊大祭にあわせて、毎年7月22日のガイヤカーニバルを皮切りに「うわじま牛鬼まつり」が開催され、何体もの牛鬼が市内を練り歩く迫力のパレードや伝統の宇和島おどり、夜空と宇和海をも彩る花火大会、そして最終日の走り込みなど熱気あふれるイベントで24日までの3日間の祭りが盛り上がります。「牛鬼」とは全長5~6メートルの祭礼の練物のことで、鬼のような顔に長い首、赤い布やシュロで覆われた牛の胴体、剣にも似た尻尾を持ち、南予地方の祭礼のシンボルとなっています。


伝統芸能の指定の区別
未指定
実施日
7月22日~7月24日
開催場所
  • 宇和島市
  • 宇和島市内
実施団体
うわじま牛鬼まつり実行委員会
お問い合わせ先
ホームページ
http://ushioni.gaina.ne.jp/
補足事項
参考文献
佐々木正興「『和霊大祭』と『うわじま牛鬼まつり』」(『文化愛媛』75号、愛媛県文化振興財団、2015年)