Now Loading

えひめの祭りと芸能について

練り(祭礼行列)

社切り(しゃぎり)

しゃぎり

  • 社切り(しゃぎり)
  • 社切り(しゃぎり)
  • 社切り(しゃぎり)

内子町川中三島神社の秋祭りには「社切り」(しゃぎり・舎儀利とも書く)と呼ばれる稚児による囃子の行列が見られます。この「しゃぎり」は旧広田村(現砥部町)、伊予市中山町、内子町に見られる祭礼の際に練り歩く行列のことです。川中では鬼を先頭に稚児衣装を着た子どもが拍子木を合図に、太鼓、手拍子、笛を鳴らしながら練り歩き、その後ろに力士、獅子舞、神輿が続きます。江戸時代の享和2(1802)年には始まったと伝えられ、内子町周辺の祭りの特徴を示すものとして注目されています。この川中三島神社以外では、旧小田町中田渡の新田八幡神社の秋祭りにも「しゃぎり」が見られます。


伝統芸能の指定の区別
県指定無形民俗文化財
実施日
10月21日
開催場所
  • 内子町川中648
  • 川中三島神社
実施団体
日之地社切り保存会
お問い合わせ先
  • 内子町教育委員会
  • TEL:0893-44-2114
補足事項
参考文献
愛媛県歴史文化博物館編・発行『愛媛の祭りと芸能』(平成28年)