Now Loading

えひめの祭りと芸能について

練り(祭礼行列) 牛鬼 鹿踊り

三浦天満神社の練り

みうらてんまんじんじゃのねり

  • 三浦天満神社の練り
  • 三浦天満神社の練り
  • 三浦天満神社の練り
  • 三浦天満神社の練り

南予地方の祭礼には古風で内容豊かな練りが繰り出され、宇和島でも戦前は豪華絢爛なものも多かったのですが、戦災で衣装や道具が焼失するなどして、現在では、「鹿踊り」、「よいやさ(四つ太鼓とも呼ばれる布団太鼓)」、「牛鬼」など一部分しか行われなくなりました。しかし、三浦天満神社の練りは、古来の様式が保存されており、宇和島市周辺の各地でもこのような文化財が廃れていることから、地元で保存・継承活動が盛んとなっています。祭日は10月19日で、三浦の各地区から趣向をこらした練りが登場し、一番 お鉄砲(天満)、二番 お弓(豊浦)、三番 相撲練り(大内)、四番 鹿踊り(船隠)、五番 荒獅子(豊浦)、六番 桃太郎(尾崎)、七番 大江山( 安米)、八番 欠、九番 よいやさ(船隠)、十番牛鬼(天満)、以上の順番となっています。


伝統芸能の指定の区別
県指定無形民俗文化財
実施日
10月19日
開催場所
  • 宇和島市三浦東2696
  • 三浦天満神社
実施団体
三浦天満神社練り保存会
お問い合わせ先
ホームページ
https://www.city.uwajima.ehime.jp/soshiki/32/gakusyuu029.html
補足事項
参考文献
『愛媛県の民俗芸能―愛媛県民俗芸能緊急調査報告書―』愛媛県教育委員会、1999年