Now Loading

愛媛・南予の観光情報発信サイト:えひめいやしの南予

OPEN

TOURIST SPOT観光スポット

女子岬製錬所跡

めっこみさきせいれんじょあと

波に打たれる産業遺産

佐田岬半島の南側に細く突き出た女子岬に残された製錬所跡。明治中期から大正初期にかけて銅製錬が行われ、その後、銅相場の暴落や付近の住民の反対から、製錬所は閉鎖されることとなった。岬に整備された遊歩道沿いには、現在でも石積みやレンガの遺構群が点在しており、往時の様子を偲ぶことができる。また、海岸にも製錬過程でできるからみ(銅の製錬時に出る副産物)や赤レンガで造られた構造物、船着場跡などが残されている。

歴史

  • 海岸には、銅の製錬過程でできるからみ(銅の製錬時に出る副産物)や、赤レンガの構造物が残っている。 海岸には、銅の製錬過程でできるからみ(銅の製錬時に出る副産物)や、赤レンガの構造物が残っている。
  • 岬の先端付近には、製錬所の遺構である「のがま」が各所に点在している。 岬の先端付近には、製錬所の遺構である「のがま」が各所に点在している。
  • ウバメガシが自生する原生林の中の整備された遊歩道。多少のアップダウンはあるものの、先端まで約1kmのハイキングを楽しめる。 ウバメガシが自生する原生林の中の整備された遊歩道。多少のアップダウンはあるものの、先端まで約1kmのハイキングを楽しめる。
  • 女性が横になった姿に似ていることから名付けられたと言われる女子岬。先端には、白亜の灯台がそびえている。 女性が横になった姿に似ていることから名付けられたと言われる女子岬。先端には、白亜の灯台がそびえている。
  • 海岸には、銅の製錬過程でできるからみ(銅の製錬時に出る副産物)や、赤レンガの構造物が残っている。
  • 岬の先端付近には、製錬所の遺構である「のがま」が各所に点在している。
  • ウバメガシが自生する原生林の中の整備された遊歩道。多少のアップダウンはあるものの、先端まで約1kmのハイキングを楽しめる。
  • 女性が横になった姿に似ていることから名付けられたと言われる女子岬。先端には、白亜の灯台がそびえている。

施設情報

住所
西宇和郡伊方町九町
電話番号
0894-38-0211(伊方町役場 商工振興室)
営業時間
定休日
駐車場
あり/無料
約15台
料金
-
公式サイト
http://www.town.ikata.ehime.jp/

アクセスマップ

にゃんよコンテンツ

  • おでかけにゃんよ
  • にゃんよ体験記
  • にゃんよ壁紙