Now Loading

愛媛・南予の観光情報発信サイト:えひめいやしの南予

OPEN

TOURIST SPOT観光スポット

千代の亀酒造株式会社

ちよのかめしゅぞうかぶしきがいしゃ

地元の米、水、空気から醸し出す酒造り

1716年創業の手作りの技が活かされた酒造りをしている老舗蔵元。清流小田川の伏流水と、地元契約農家による農薬未使用米を使用した長期熟成凍結酒や、2008年カンヌ国際映画祭公式レセプション酒、地元の大学生と共同開発したリキュールなど、積極的な挑戦を行っている。一粒一滴に心を込め、手間暇かけて醸される酒は、自然と地元を愛する蔵人の思いが溢れている。事前に予約をすれば蔵を案内してもらえ、酒造りも体験することができる。

くらし

  • 代表銘柄の「千代の亀」を始め、半解凍のシャーベット状で味わう「銀河鉄道」など数多くの銘酒を販売している。 代表銘柄の「千代の亀」を始め、半解凍のシャーベット状で味わう「銀河鉄道」など数多くの銘酒を販売している。
  • 冷房完備された室内で「全量槽しぼり」により手間をかけて醸された酒は旨味があり香りもまろやか。残った酒粕もなんともいえない味へと仕上がる。
冷房完備された室内で「全量槽しぼり」により手間をかけて醸された酒は旨味があり香りもまろやか。残った酒粕もなんともいえない味へと仕上がる。
  • 酒造りにとって味を左右する一番重要な工程である麹が造られる麹室(こうじむろ)は、衛生面、温度と湿度の管理を徹底的に行っている。
酒造りにとって味を左右する一番重要な工程である麹が造られる麹室(こうじむろ)は、衛生面、温度と湿度の管理を徹底的に行っている。
  • 年に一回行われる千代の亀最大のイベント「新酒まつり」では、例年地元民のみならず、県内外から多くの人に千代の亀のお酒が楽しまれている。
年に一回行われる千代の亀最大のイベント「新酒まつり」では、例年地元民のみならず、県内外から多くの人に千代の亀のお酒が楽しまれている。
  • 代表銘柄の「千代の亀」を始め、半解凍のシャーベット状で味わう「銀河鉄道」など数多くの銘酒を販売している。
  • 冷房完備された室内で「全量槽しぼり」により手間をかけて醸された酒は旨味があり香りもまろやか。残った酒粕もなんともいえない味へと仕上がる。
  • 酒造りにとって味を左右する一番重要な工程である麹が造られる麹室(こうじむろ)は、衛生面、温度と湿度の管理を徹底的に行っている。
  • 年に一回行われる千代の亀最大のイベント「新酒まつり」では、例年地元民のみならず、県内外から多くの人に千代の亀のお酒が楽しまれている。

施設情報

住所
喜多郡内子町平岡甲1294番地1
電話番号
0893-44-2201
営業時間
8:00~17:00
定休日
第2・4土曜日/日曜日、祝日/盆(8/13~8/16)/年末年始(12/31~1/4)
駐車場
あり/無料
12台
料金
-
公式サイト
http://www.chiyonokame.com/

アクセスマップ

にゃんよコンテンツ

  • おでかけにゃんよ
  • にゃんよ体験記
  • にゃんよ壁紙