Now Loading

愛媛・南予の観光情報発信サイト:えひめいやしの南予

OPEN

TOURIST SPOT観光スポット

八幡浜市立市民図書館郷土資料室

やわたはましりつしみんとしょかんきょうどしりょうしつ

八幡浜市の歴史と大空を飛ぶ夢が詰まった資料室

飛行機の父と言われ、日本初の動力模型飛行機の飛行に成功していたと言われている二宮忠八の作った飛行器模型や資料を始め、考古資料や郷土資料などを収集し展示している資料室。郷土出身の画家の作品を中心に洋画や日本画など約300点を収蔵し、定期的に入れ替えて展示している。常設展示の他に企画展も開催され、3階の市民ギャラリーは市民の絵画や陶芸の発表の場としても幅広く利用されている。

文化

  • 資料室内には、京都府八幡市にあった二宮忠八が晩年に暮らしていた住居の一室が移築復元されており、当時の生活の様子が再現されている。 資料室内には、京都府八幡市にあった二宮忠八が晩年に暮らしていた住居の一室が移築復元されており、当時の生活の様子が再現されている。
  • 「忠八凧」と呼ばれる二宮忠八が作った凧や飛行器の模型など、古いながらも飛行機マニア垂涎の逸品が展示されている。 「忠八凧」と呼ばれる二宮忠八が作った凧や飛行器の模型など、古いながらも飛行機マニア垂涎の逸品が展示されている。
  • テレビ放映のロケで使用された、二宮忠八考案の「玉虫型飛行器」が保存展示されている。 テレビ放映のロケで使用された、二宮忠八考案の「玉虫型飛行器」が保存展示されている。
  • 「烏型模型飛行器」は、二宮忠八が自作した貴重な逸品で、船のスクリューからヒントを得たプロペラと滑走用の3 つの車輪、聴診器のゴム管を動力としている。 「烏型模型飛行器」は、二宮忠八が自作した貴重な逸品で、船のスクリューからヒントを得たプロペラと滑走用の3 つの車輪、聴診器のゴム管を動力としている。
  • 資料室内には、京都府八幡市にあった二宮忠八が晩年に暮らしていた住居の一室が移築復元されており、当時の生活の様子が再現されている。
  • 「忠八凧」と呼ばれる二宮忠八が作った凧や飛行器の模型など、古いながらも飛行機マニア垂涎の逸品が展示されている。
  • テレビ放映のロケで使用された、二宮忠八考案の「玉虫型飛行器」が保存展示されている。
  • 「烏型模型飛行器」は、二宮忠八が自作した貴重な逸品で、船のスクリューからヒントを得たプロペラと滑走用の3 つの車輪、聴診器のゴム管を動力としている。

施設情報

住所
八幡浜市本町60-1 2F
電話番号
0894-22-0917
営業時間
10:00~18:00
定休日
月曜日(祝日の場合は翌日)/年末年始(12/29~1/3)/図書整理日(月1日間・不定期)
駐車場
あり/無料
22台
料金
無料
公式サイト
http://www.city.yawatahama.ehime.jp/03jyouhou/bunka/08simin/gyarari.htm
最寄りの停留所名
宇和島自動車・本町(3分)

アクセスマップ

にゃんよコンテンツ

  • おでかけにゃんよ
  • にゃんよ体験記
  • にゃんよ壁紙