Now Loading

愛媛・南予の観光情報発信サイト:えひめいやしの南予

OPEN

TOURIST SPOT観光スポット

坂本龍馬脱藩之日記念館

さかもとりょうまだっぱんのひきねんかん

龍馬が歩んだ脱藩の道に思いを寄せる

文久2年(1862年)3月26日に近代日本の誕生に命を賭けた龍馬が、旅を始める第一歩をここで踏み出したことを記念して建設された記念館。脱藩したとされる日の様子や、様々な龍馬にまつわる資料の展示を行っている。2階には龍馬が通過したとされる河辺地区の各峠や渓谷の様子を写真や映像で紹介しており、龍馬が駆け抜けた脱藩ルートをたどることができる様になっている。

文化

  • 1階では脱藩前夜に姉が龍馬に刀を渡し、会話を交わしている様子が障子の奥で再現されている。 1階では脱藩前夜に姉が龍馬に刀を渡し、会話を交わしている様子が障子の奥で再現されている。
  • 龍馬が土佐藩を脱藩する際に駆け抜けたとされる河辺地区の模型をリアルに再現しており、榎ヶ峠から泉ヶ峠に至る道のりをたどることができる。 龍馬が土佐藩を脱藩する際に駆け抜けたとされる河辺地区の模型をリアルに再現しており、榎ヶ峠から泉ヶ峠に至る道のりをたどることができる。
  • 龍馬に関する各地にある資料館の紹介や、交友関係やゆかりの人々が年代順に紹介されており、龍馬が生まれてから近江屋で亡くなるまでの年表を展示している。 龍馬に関する各地にある資料館の紹介や、交友関係やゆかりの人々が年代順に紹介されており、龍馬が生まれてから近江屋で亡くなるまでの年表を展示している。
  • 記念館の建物は蔵のような造りになっており、坂本家の家紋が施されている。 記念館の建物は蔵のような造りになっており、坂本家の家紋が施されている。
  • 1階では脱藩前夜に姉が龍馬に刀を渡し、会話を交わしている様子が障子の奥で再現されている。
  • 龍馬が土佐藩を脱藩する際に駆け抜けたとされる河辺地区の模型をリアルに再現しており、榎ヶ峠から泉ヶ峠に至る道のりをたどることができる。
  • 龍馬に関する各地にある資料館の紹介や、交友関係やゆかりの人々が年代順に紹介されており、龍馬が生まれてから近江屋で亡くなるまでの年表を展示している。
  • 記念館の建物は蔵のような造りになっており、坂本家の家紋が施されている。

施設情報

住所
大洲市河辺町三嶋1912
電話番号
0893-39-2211(河辺ふるさとの宿)
営業時間
9:00~17:00
定休日
第2・4月曜日(祝日の場合は翌日)/年末年始(12/30~1/3)
駐車場
あり/無料
[河辺ふるさとの宿]約30台
料金
入館無料
公式サイト
http://www.kawabe-furusato.com/

アクセスマップ

にゃんよコンテンツ

  • おでかけにゃんよ
  • にゃんよ体験記
  • にゃんよ壁紙