Now Loading

愛媛・南予の観光情報発信サイト:えひめいやしの南予

OPEN

TOURIST SPOT観光スポット

天神産紙工場

てんじんさんしこうじょう

きれいな和紙はきれいな水から作られる

和紙作りに適した清流・小田川の水を使用し、高級書道用紙や地元・五十崎の伝承行事である大凧合戦に貼られる凧紙などを生産している工場。国の伝統工芸品に指定されているこの「大洲和紙」は、平安時代から作られていたといわれ、伝統工芸士と職人により手作業で丁寧に作られている。工場内は和紙の製造工程の見学や紙漉き体験などができるほか、敷地内の大洲和紙会館では手漉き和紙のメモ帳や小物などが販売されている。用の美に溢れた日本の伝統工芸の素晴らしさを実感できる。

くらし

  • 「流し漉き」という伝統技法で職人の手により1枚1枚手漉きされている大洲和紙の製造工程を間近で見学が可能。 「流し漉き」という伝統技法で職人の手により1枚1枚手漉きされている大洲和紙の製造工程を間近で見学が可能。
  • 伝統工芸士と職人の手ほどきを受けながら、気軽に手漉き和紙を作ることができる。 伝統工芸士と職人の手ほどきを受けながら、気軽に手漉き和紙を作ることができる。
  • 敷地内の大洲和紙会館では様々な和紙商品を販売している。特に書道用紙は評価が高い。 敷地内の大洲和紙会館では様々な和紙商品を販売している。特に書道用紙は評価が高い。
  • 工場の敷地では楮(こうぞ)や三椏(みつまた)などの原料が日光と水にさらされ、和紙になるまでの過程を見ることができる。 工場の敷地では楮(こうぞ)や三椏(みつまた)などの原料が日光と水にさらされ、和紙になるまでの過程を見ることができる。
  • 「流し漉き」という伝統技法で職人の手により1枚1枚手漉きされている大洲和紙の製造工程を間近で見学が可能。
  • 伝統工芸士と職人の手ほどきを受けながら、気軽に手漉き和紙を作ることができる。
  • 敷地内の大洲和紙会館では様々な和紙商品を販売している。特に書道用紙は評価が高い。
  • 工場の敷地では楮(こうぞ)や三椏(みつまた)などの原料が日光と水にさらされ、和紙になるまでの過程を見ることができる。

施設情報

住所
喜多郡内子町平岡1240-1
電話番号
0893-44-2002
営業時間
[天神産紙工場、大洲和紙会館]8:30~17:00(平日) [紙漉き体験]8:30~15:00(平日) [大洲和紙会館]9:00~17:00(土・日曜日、祝日)
定休日
[天神産紙工場、紙漉き体験]土・日曜日/祝日 [天神産紙工場、紙漉き体験、大洲和紙会館]盆(8/12~8/17)/年末年始(12/26~1/5)
駐車場
あり/無料
20台
料金
[工場見学]無料 [紙漉き体験(要予約)]500円/レターセット350円~
公式サイト
http://www.ikazaki.ne.jp/crafts/t-index.htm

アクセスマップ

にゃんよコンテンツ

  • おでかけにゃんよ
  • にゃんよ体験記
  • にゃんよ壁紙