Now Loading

愛媛・南予の観光情報発信サイト:えひめいやしの南予

OPEN

TOURIST SPOT観光スポット

町見郷土館

まちみきょうどかん

海と共生する町の郷土資料館

旧町見中学校の校舎を利用した伊方町唯一の郷土資料館。伊方町の春夏秋冬の営みを始め、海や技、くらしなどのテーマに沿ったコーナーに、約4500点の農具や民具、生活資料などの収蔵品が展示されている。また、地域住民が集まって結成された調査隊「佐田岬みつけ隊」によって収集された作品や、実際に手にして体験できる展示物もあるので、町内の民俗や風俗を楽しみながら学ぶことができる。

文化

  • 館内には、町見地区を始めとした伊方町内の住民から寄贈された農具や民具、生活資料などが各コーナーに分けて展示されているので、当時の住民の営みを分かりやすく学ぶことができる。
館内には、町見地区を始めとした伊方町内の住民から寄贈された農具や民具、生活資料などが各コーナーに分けて展示されているので、当時の住民の営みを分かりやすく学ぶことができる。
  • 岬の生活に密着した海での営みに関係する道具類を展示している「海のコーナー」は、地元の漁師や海女が実際に使用していた物を展示している。 岬の生活に密着した海での営みに関係する道具類を展示している「海のコーナー」は、地元の漁師や海女が実際に使用していた物を展示している。
  • 当時の居間の様子を再現した「くらしコーナー」では、毎日の暮らしの中で実際に使用されてきた民具などを数多く展示している。 当時の居間の様子を再現した「くらしコーナー」では、毎日の暮らしの中で実際に使用されてきた民具などを数多く展示している。
  • 1階通路の天井に展示された天井絵は、「佐田岬みつけ隊」によって町内にある神社の絵馬から作られた作品。 1階通路の天井に展示された天井絵は、「佐田岬みつけ隊」によって町内にある神社の絵馬から作られた作品。
  • 館内には、町見地区を始めとした伊方町内の住民から寄贈された農具や民具、生活資料などが各コーナーに分けて展示されているので、当時の住民の営みを分かりやすく学ぶことができる。
  • 岬の生活に密着した海での営みに関係する道具類を展示している「海のコーナー」は、地元の漁師や海女が実際に使用していた物を展示している。
  • 当時の居間の様子を再現した「くらしコーナー」では、毎日の暮らしの中で実際に使用されてきた民具などを数多く展示している。
  • 1階通路の天井に展示された天井絵は、「佐田岬みつけ隊」によって町内にある神社の絵馬から作られた作品。

施設情報

住所
西宇和郡伊方町二見甲813-1
電話番号
0894-39-0241
営業時間
9:30~16:30
定休日
月曜日(祝日の場合はその翌日)/年末年始(12/29~1/3)
駐車場
あり/無料
約10台
料金
[入館料金]大人(中学生以上)100円/小人(小・中学生)50円/65歳以上無料 ※身障者手帳持参者と付添人(1名)は無料 [団体料金(15名以上)]大人80円/小人40円
公式サイト
http://www.town.ikata.ehime.jp/soshiki/12/92.html
最寄りの停留所名
伊予鉄南予バス・本浦(4分)

アクセスマップ

にゃんよコンテンツ

  • おでかけにゃんよ
  • にゃんよ体験記
  • にゃんよ壁紙