Now Loading

愛媛・南予の観光情報発信サイト:えひめいやしの南予

OPEN

TOURIST SPOT観光スポット

宇和島市立歴史資料館

うわじましりつれきししりょうかん

宇和島の文明開化を代表する洋館

明治初期の日本建築とは異なった西洋建築技法を、工匠達が懸命に習得し完成させた建物。明治17年(1884)宇和島広小路に「宇和島警察署」として建てられ、その後昭和28年(1953)当時の南宇和郡西海町(現、愛南町)役場として使用されていた。庁舎が新築されるのを期に平成4年(1992)宇和島市に里帰りし、樺崎砲台跡側に復元されることとなり、現在は国登録有形文化財に指定されている。現代では見ることのできない数々の歴史ある装飾類を見ることができる。

歴史

  • 明治初期の頃、洋風建築の先駆けとになった格調高い西洋風建築の外観。 明治初期の頃、洋風建築の先駆けとになった格調高い西洋風建築の外観。
  • 屋根裏には合掌に隅合掌(すみがっしょう)や、取合も蕪束(かぶらづか)の当時としては画期的な小屋組みがなされており、いつでも見学することができる。 屋根裏には合掌に隅合掌(すみがっしょう)や、取合も蕪束(かぶらづか)の当時としては画期的な小屋組みがなされており、いつでも見学することができる。
  • 館内では様々な展示も行われていて、定期的に催しが変わるので何度来観しても楽しめる。 館内では様々な展示も行われていて、定期的に催しが変わるので何度来観しても楽しめる。
  • 窓の左右の枠の中に分銅を仕込んでいるバランスウエイトの「上げ下げ窓」など当時としては珍しい建物の造りを見ることができる。 窓の左右の枠の中に分銅を仕込んでいるバランスウエイトの「上げ下げ窓」など当時としては珍しい建物の造りを見ることができる。
  • 明治初期の頃、洋風建築の先駆けとになった格調高い西洋風建築の外観。
  • 屋根裏には合掌に隅合掌(すみがっしょう)や、取合も蕪束(かぶらづか)の当時としては画期的な小屋組みがなされており、いつでも見学することができる。
  • 館内では様々な展示も行われていて、定期的に催しが変わるので何度来観しても楽しめる。
  • 窓の左右の枠の中に分銅を仕込んでいるバランスウエイトの「上げ下げ窓」など当時としては珍しい建物の造りを見ることができる。

施設情報

住所
宇和島市住吉町2丁目4-36
電話番号
0895-23-2400
営業時間
9:00~17:00
定休日
月曜日(祝日の場合翌日)/年末年始(12/29~1/3)
駐車場
あり/無料
4台
料金
無料
公式サイト
https://www.city.uwajima.ehime.jp/site/siryoukan/rekishitop.html
最寄りの停留所名
宇和島自動車・住吉町(2分)

アクセスマップ

にゃんよコンテンツ

  • おでかけにゃんよ
  • にゃんよ体験記
  • にゃんよ壁紙