Now Loading

愛媛・南予の観光情報発信サイト:えひめいやしの南予

OPEN

TOURIST SPOT観光スポット

大楽寺

だいらくじ

和尚が集めた品々が展示されている歴史ある寺院

野生のムササビが飛び交う「ムササビ寺」としてもその名を知られている大楽寺だが、その歴史は深く由緒あるお寺である。境内には築約350年という本堂の他に、先代の和尚が建てた民俗資料館やカメラ博物館など、お寺とは思えないものも数々ある。借景の日本庭園や増え続けているカメラコレクションなど見どころは多種多様で、境内の大銀杏はもちろんのこと、春は桜、秋は紅葉など四季折々の景観も楽しむことができる。

歴史

  • 本堂の脇にある日本庭園は、和尚自ら手入れしている。物作りが好きな和尚は境内の中の様々なものを手作りしている。
本堂の脇にある日本庭園は、和尚自ら手入れしている。物作りが好きな和尚は境内の中の様々なものを手作りしている。
  • 親子2代にわたってカメラを集め、現在約650台にもなるカメラのコレクション。アンティークから現代のデジタルカメラ1号機までファンならずとも圧巻。 親子2代にわたってカメラを集め、現在約650台にもなるカメラのコレクション。アンティークから現代のデジタルカメラ1号機までファンならずとも圧巻。
  • 先代の和尚が発明好きだったため、いたるところに様々な発明品が展示されている。
先代の和尚が発明好きだったため、いたるところに様々な発明品が展示されている。
  • 本堂の脇には高さ25mにもなる樹齢約400年の夫婦銀杏が植えられている。秋になると銀杏の実がまるでぶどうのようにたわわに実る。 本堂の脇には高さ25mにもなる樹齢約400年の夫婦銀杏が植えられている。秋になると銀杏の実がまるでぶどうのようにたわわに実る。
  • 本堂の脇にある日本庭園は、和尚自ら手入れしている。物作りが好きな和尚は境内の中の様々なものを手作りしている。
  • 親子2代にわたってカメラを集め、現在約650台にもなるカメラのコレクション。アンティークから現代のデジタルカメラ1号機までファンならずとも圧巻。
  • 先代の和尚が発明好きだったため、いたるところに様々な発明品が展示されている。
  • 本堂の脇には高さ25mにもなる樹齢約400年の夫婦銀杏が植えられている。秋になると銀杏の実がまるでぶどうのようにたわわに実る。

施設情報

住所
宇和島市吉田町河内甲1703
電話番号
0895-52-0562
営業時間
定休日
無休
駐車場
なし/
料金
無料

アクセスマップ

にゃんよコンテンツ

  • おでかけにゃんよ
  • にゃんよ体験記
  • にゃんよ壁紙