Now Loading

愛媛・南予の観光情報発信サイト:えひめいやしの南予

OPEN

TOURIST SPOT観光スポット

善光寺

ぜんこうじ

葷酒山門に入るを許さず

開山は室町時代とされる曹洞宗派の寺院。左右に大イチョウの木がそびえ立つ山門前には、「葷酒(くんしゅ)山門に入るを許さず 」の石碑が立てられ厳粛な雰囲気を醸し出している。境内には、できる限り建立当初の形式に復旧整備され現代によみがえった茅葺きの薬師堂や、木造の薬師如来坐像が安置された厨子が常時公開されている。薬師堂と薬師如来坐像は共に国の重要文化財であり重要な歴史文化を見学することができる。

歴史

  • 国の重要文化財に指定されている厨子(仏像などを安置する戸棚形の仏具)の堂内には、像高約70cmの「木造薬師如来坐像」が安置されている。 国の重要文化財に指定されている厨子(仏像などを安置する戸棚形の仏具)の堂内には、像高約70cmの「木造薬師如来坐像」が安置されている。
  • 室町時代の禅宗様式の特徴を備えた茅葺きの善光寺薬師堂も国の重要文化財に指定されている。 室町時代の禅宗様式の特徴を備えた茅葺きの善光寺薬師堂も国の重要文化財に指定されている。
  • 山門前に立てられた「葷酒(くんしゅ)山門に入るを許さず 」と刻まれた石碑は、修行の妨げとなる臭いの強い野菜と酒類を門内に持ち込むことを禁止するという意味を表している。
山門前に立てられた「葷酒(くんしゅ)山門に入るを許さず 」と刻まれた石碑は、修行の妨げとなる臭いの強い野菜と酒類を門内に持ち込むことを禁止するという意味を表している。
  • 国の重要文化財に指定されている厨子(仏像などを安置する戸棚形の仏具)の堂内には、像高約70cmの「木造薬師如来坐像」が安置されている。
  • 室町時代の禅宗様式の特徴を備えた茅葺きの善光寺薬師堂も国の重要文化財に指定されている。
  • 山門前に立てられた「葷酒(くんしゅ)山門に入るを許さず 」と刻まれた石碑は、修行の妨げとなる臭いの強い野菜と酒類を門内に持ち込むことを禁止するという意味を表している。

施設情報

住所
北宇和郡鬼北町大字小松1557
電話番号
0895-48-0206
営業時間
定休日
駐車場
あり/無料
約5台
料金
-
最寄りの停留所名
宇和島自動車・三島診療所(5分)

アクセスマップ

にゃんよコンテンツ

  • おでかけにゃんよ
  • にゃんよ体験記
  • にゃんよ壁紙